外出先でもこれで安心、web会議ナンバー1

業務効率化にはweb会議活用がお勧めです

グローバル化が急速に進行してきている現在においては、効率化やスピードアップが常に求めらてきています。とくにビジネスシーンにおいてはこの流れは顕著になってきており、これを実現することが業績に直結しているとも言えます。

それを実現するために必要不可欠なのが、インターネットサービスの活用になります。ビジネス運営においてインターネットサービスを活用することはもはや必要不可欠であり、とくに効率化には大きな役割を担うことでしょう。

とくにビジネスシーンにおいては情報の共有化が欠かせません。それを実現するにはインターネットサービスを活用したweb会議サービスが最適になります。ファイル送信などができるサービスもありますので、提供されているサービスを比較して自社に最適なサービスを選択することでさらに効率化アップを図ることができることでしょう。ランキングサイトなどで比較されていますのでお勧めになります。

sMeeting(エスミーティング)

POINT

  • 低周波数帯域から高周波数帯域までクリアな音声
  • 機密情報が漏えいするリスクを最小限に抑えます
  • 大規模会議でも統制のとれた会議運営
オススメ度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
サービス度
★★★★★
情報充実度
★★★★
利用満足度
★★★★★

sMeeting(エスミーティング)のweb会議は、高圧縮で低遅延な音声コーデックOpusを採用しています。低周波数帯域から高周波数帯域までクリアな音声を実現できるため、音楽業界でも注目されている音声圧縮技術です。

sMeeting(エスミーティング)のデータは通信暗号化されています。さらに、画面キャプチャを抑止したり、端末にデータを残さないセキュリティ設計のため、お客様の大切な機密情報が漏えいするリスクを最小限に抑えます。

web会議では発言者を指定したり、閲覧させたい画面の表示を操作できるので、大規模会議でも統制のとれた会議運営ができます。また、会議内容を録音録画できるので、会議の欠席者に共有したり、議事録起こしに活用できます。

LiveOn(ライブオン)

POINT

  • ネットを活用し映像や音声をご覧になりながら会議が出来ると言う、画期的なコミュニケーションツール
  • 多くの用途で活用出来る魅力的な機能が搭載
  • 自動帯域制御機能とジッタバッファ制御機能を導入
オススメ度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★
サービス度
★★★★★
情報充実度
★★★★★
利用満足度
★★★★

LiveOn(ライブオン)を運営してるジャパンメディアシステム株式会社では、ビジュアルコミュニケーションシステムの開発・販売・サポートを始め、web会議システム、Linuxサーバの開発・販売・保守などの業務を行ってます。

web会議やテレビ会議に関しては、会社と離れた場所と拠点としてる会社とで、ネットを活用し映像や音声をご覧になりながら会議が出来ると言う、画期的なコミュニケーションツールとなってます。従来のテレビ会議に比べ、LiveOn(ライブオン)のweb会議は、お使いのPCやスマートフォン、タブレットにネットをつなぐことで、web会議を行えるようになりますので、簡単でかつ手軽に始められます。また、web会議は音声と映像でのやり取りが出来る以外に、グラフや写真などのデータを共有出来る機能や動画を配信出来る機能、録音や録画が出来る機能が付いてることから、多くの用途で活用出来る魅力的な機能が搭載されてます。

web会議やテレビ会議システムを紹介してるLiveOn(ライブオン)では、web会議を行ってる時、音声が遅れ気味になったり、音声が途切れたりをすることを回避するために、自動帯域制御機能とジッタバッファ制御機能を導入されてることから、いつでもクリアな音声と高画質な映像で、web会議が出来るようになってます。このような機能の導入によって、音声が途切れたりすると言うストレスを溜めることがなく、各企業でweb会議を利用することが可能となってます。

VideoOffice

POINT

  • 遠隔地にいる会議参加者と画面共有
  • コンテンツに書き込みも可能な会議
  • 全部で5つの共有機能が有効に使えます
オススメ度
★★★★
利用しやすさ
★★★★
サービス度
★★★★★
情報充実度
★★★★
利用満足度
★★★★

VideoOfficeのweb会議は、遠隔地にいる会議参加者のコンピューター画面を共有できます。送信できない大容量ファイルを共有する場合やアプリケーションなどの活用の様子をリアルタイムで共有できます。

VideoOfficeでは、会議進行中にウェブサイトを会議参加者間で共有し、会議資料として使用できます。必要に応じてウェブサイトのコンテンツをキャプチャできるウェブキャプチャ機能を利用すればコンテンツに書き込みができます。

VideoOfficeのweb会議サービスには、文書の共有、ファイルの共有、ウェブの共有、デスクトップの共有、メディアの共有など、全部で5つの共有機能があります。

V-CUBE ミーティング

POINT

  • インターネットさえあれば誰でも利用
  • 高画質でストレスなく会議ができます
  • 24時間365日お客様を完全サポート
オススメ度
★★★★
利用しやすさ
★★★★
サービス度
★★★★
情報充実度
★★★★
利用満足度
★★★★

V-CUBE ミーティングのweb会議は、インターネットさえあれば誰でも利用できます。顧客との商談や協力会社との打ち合わせにも気軽に利用できます。すでに利用している、テレビ会議やグループウェア、電話会議などのサービスと幅広く連携できます。

web会議の使いたい機能が1つの画面に集約されていて、初めての人でも操作に迷うことなく利用できます。高画質でストレスのないコミュニケーションを実現しています。現在、利用のPCやスマートフォンやタブレット端末から利用可能です。

安定した環境でWeb会議を利用できるように、V-CUBE ミーティングは24時間365日対応でお客様を完全サポートしています。使い方に関する問い合わせから、突発的なトラブルまで迅速に対応してくれます。

VTVジャパン

POINT

  • web会議を利用することでコスト削減できます
  • 内蔵多地点接続オプションで複数拠点と同時接続
  • PCやモバイル端末から利用可能
オススメ度
★★★
利用しやすさ
★★★★
サービス度
★★★
情報充実度
★★★
利用満足度
★★★★

VTVジャパンのweb会議は遠隔地の人とリアルタイムに映像、音声のコミュニケーションを行うテレビ会議システムです。web会議を利用することで、出張費や宿泊費、移動にかかる人件費などをカットすることができます。

web会議システムに内蔵多地点接続オプションを搭載すれば、複数拠点と同時接続ができます。最大9拠点まで同時接続が可能です。また、内蔵多地点オプションでは拠点数がオーバーする場合は、専用の多地点接続装置を導入することでより多くの拠点との会議を実現します。

PCやモバイル端末を利用可能にするソリューションを構築することで、PC、タブレット端末、スマートフォンからweb会議に参加できます。いつでもどこでもビジュアルコミュニケションが行えます。

MORA Video Conference

POINT

  • 導入時スムーズに利用を開始できます
  • 音声を最優先で送受信することを重視
  • 安心安全なサービスを提供しています
オススメ度
★★★
利用しやすさ
★★★
サービス度
★★★
情報充実度
★★★★
利用満足度
★★★

お客様の導入目的、利用イメージ、利用環境などの内容をヒアリングして、導入前にお試しできる環境を提供し、スタッフが要望に応じたサポートをしっかりとしてくれます。導入時スムーズに利用を開始することができます。

MORA Video Conferenceのweb会議は音声を最優先で送受信することを重視しています。また、web会議の管理者となるお客様にも、トラブル時など状況を把握しやすいよう様々な切り分けツールを搭載しています。

サービスの安定稼動は元より、お客様の環境での安定稼動にも配慮したサービスづくりをしています。強固なセキュリティ、定額制の料金体系、稼働率の高いシステムといった、運用、コストの両面から安心安全なサービスを提供しています。

クラウドサービスを活用して行われるweb会議

 web会議の仕組みは、クラウドサービスを活用して展開されるケースが飛躍的に増加しています。クラウドの仕組みを使うことで、どこでもネットを介して会議の開ける環境が形成されるとみられているため、スピーディーに会議を始められる可能性が高いとされています。最近では、幅広い分野でweb上での会議のシステムが本格的に取り入れられています。その中でクラウドサービスを使って会議の環境を立ち上げる例が高い割合を占めるようになりつつあるとみられ、関心が抱かれています。
web会議専用のクラウドのサービスも新規に確立されるようになってきており、この動向が更に活発になるのではないでしょうか。今後もクラウドの仕組みを使ってwebの会議を運営する利用者が、より一層多く見受けられるようになるのではないかと全国規模で期待が寄せられています。


高い利便性を誇っているweb会議

 web会議の仕組みは、非常に高い利便性を誇っているのではないかと考えられています。以前よりも高い頻度でこの会議の仕組みが導入されるようになり始めており、迅速に遠隔地を結んで会議の開ける点が魅力的に認識されていると言えるのではないでしょうか。
短い時間で異なった場所を繋ぎ、会議をスタートさせられる点がメリットのひとつとして取り上げられています。短時間で会議の運営を完遂させ、実際のミーティングに突入できるところは、web会議を利用する団体や企業が増える要因にも挙げられています。ここ数年は、ネット上で会議のシステムを活用するケースが普遍的になっています。今後も多くの人や企業からこの会議の仕組みが利用されるようになり、実際にweb会議の利便性を実感する人も事態に増加していくのではないかと予測がなされています。


小型の機材で設営できるweb会議の環境

 web会議の環境を設営する際には、小型の機材を利用することで実現できる可能性が高い傾向にあると言えるのではないでしょうか。最近では、ウェブカメラやスピーカーなどの用意をして会議に臨む人が多いと考えられているものの、いずれの機材も非常にコンパクトで扱いやすい点が利点として挙げられています。こうした小型の機材を準備するのみでwebでの会議を設営できることに関しては、評価される傾向が強く示されています。
また、通常のパソコン以外のタブレットやスマートフォンでもweb会議を展開できる状況も普遍的となっています。そのため、会議を運営する中心となる機材も、コンパクトなものに設定できる可能性が高くなってきていると言えるでしょう。今後もweb会議の環境を構築する際には、小型の機材を準備するだけでその間起用を実現できるのではないでしょうか。