外出先でもこれで安心、web会議ナンバー1

トップ > web会議とは > web会議のセキュリティって大丈夫?

web会議のセキュリティって大丈夫?

 遠隔地における相手方と音声、あるいは映像によってミーティングすることができるweb会議は、音声、あるいは映像のみならず、同一のデーターそのものをモニタで見るとか、アプリケーションをコントロールしたり、モニタディスプレイを遠隔地より使用することも可能です。web会議につきましてはネット回線を有効に活用することから、パーソナルコンピューターやタブレットといった端末を使用できます。
 安い価格でシンプルなのはいいのですが、企業ユースとしましてはセキュリティに対する危険性が気にかかります。会議やクライアントとの打ち合わせに利用することができるかなどです。商品によりましてセキュリティにウェートを置いているものも少なくありません。映像や音声のクオリティーとともに、ハイレベルなセキュリティ機能を備えています。

 セキュリティに関する機能において第一優先でチェックしたいのは暗号化に関する機能です。Web会議につきましては開放的なネットにおける環境で通信を行うため、盗み聞きのリスクがともなってしまいます。そのために、盗み聞きされたとしても中身そのものが判らないように暗号化することが出来ます。暗号化のよく知られているプロトコルには、SSL暗号化及びAES暗号化が考えられます。
 SSL暗号化につきましてはHTTPとまぜ合わせて、認証情報、あるいは個人情報、さらに決済情報といった送受信をセーフティーに行う手法として使われます。
 AES暗号化に関してはは米国で新たな形で規定された共通鍵暗号式の暗号になります。非常に強度な暗号化ということで知られていて、無線LAN、あるいはWeb会議などで活用されています。

 web会議においては会議毎に仮想的な会議室を設けます。そうした会議室に対してセキュリティコードを設定することで、会議にエントリーできる人を制限できます。いわゆるパスワードと同じようなものになります。それから、端末のIPアドレスを通して参加者を抑えることが可能な機能も見受けられます。IPアドレスにつきましては端末を識別する住所と同じようなものです。
 こうしたIPアドレスを識別させることによって、許可無しの利用者を禁止します。さらに、会議に加わるケースで、ID、あるいはパスワードに加えて、端末認証をする物も存在します。端末認証につきましては主としてMACアドレスを使います。端末製造の際に与えられた固有の番号になります。その番号をエントリーすることで、会議にエントリーできるようになります。